喫茶店ハニーサックル

SINCE 1996
紅茶の美味しいティールームです

丸子の柴屋寺でお茶会

2016.09.08 Thursday 17:00

まだまだ暑いこの季節、丸子の柴屋寺でお茶会が開かれました。月がテーマでお茶碗も面白いものが出ました。

 

お茶碗の正面、手前側に描かれているのはテナガザルです。そしてお茶碗の向こう側に描かれているのは満月の月。中国の故事の「猿こうの月」からです。湖面に映る満月をサルが救い上げようとするができなかった、という物語で大きすぎる野望を抱くなということらしいのですが、その前の満月が湖に落ちたと思いサルがみんなで協力して一生懸命月を救い上げようとしたというところにかえって強く惹かれます。

このお茶碗でお茶を飲むとき正面をよけると中側にまた大きなおぼろ月が見えてその月を見ながらお茶を飲みました、、、何とも言えない風情でした。月を取ることができず湖に落ちたサルたちはその後月へ召されていったのではないか。色々考えさせられるお茶碗です。

このお茶碗の作者は藤枝の陶芸舎「晴」です。毎年ハニーサックルの干支を作ってくれる方です。今年の干支のサルはお店のホームページの「今月の紅茶」に出ています。来年の干支は鶏。今から楽しみにしています。

日本の文化 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック